令和最初の研修会は空き家ビジネスの最前線から

令和最初の研修会でした。

ご登壇いただきましたのは空き家活用株式会社の和田貴充代表取締役CEO。

IMG_E5196

日本に800万戸以上ある空き家の実態を解析。空き家の約7割が売買や賃貸の市場に出ておらず、またそうなっている大半の理由が「所有者は今のところ別段困っていないから。」なのだそうだ。

「市場に出ていない空き家情報こそチャンスが大きい。」

具体的な実例を挙げての解説には聴講された方々も興味津津といったところ。

IMG_5202

2時間に渡るお話を通して感じることができたのは真っ直ぐに且つ志高くお取組みであるということ。空き家所有される方の役に立ちながらビジネスの主導権をまったく嫌味なく握られるのはテクニックではなく自然なことなのだと思えました。

これからも目が離せません。

三木会でした。

昨日20日は第三木曜日。三木会でした。テーマは「DIY賃貸を考察する」

0620三木会国も推奨するDIY賃貸住宅。借家人の好みに合致する個性的な住まいの空間を賃貸住宅でも実現できるこの借家契約は調整にひと手間ありそうですが多様性に応える住宅の提供であり、これからの時代にマッチしているように思えます。しかしながら現実にはなかなか普及に加速がかからない状況も見えてきます。

契約の手順やポイント、留意事項、そして書式まで丁寧に国交省のウェブサイトには用意されています。参加者からは「エリア性にあったレベルの工事内容」「DIY賃貸という呼称は実はわかりにくい」「もうすこし小さく上手く利用すれば相互メリットをもって空室減少策に繋がる気がする」などの意見も。たしかにひと工夫して利用すれば好循環が生まれるきっかけにもなりそうな予感も。

勉強会のあとは四方山話が続きます。ドイツのアウトバーンに国際政治問題、ツーシームにテニスラケットの進化について…???

第23回(NPO法人認証第18回)通常総会でした。

IMG_319927日当機構の第23回(NPO法人認証第18回)通常総会が開催されました。

運営体制、行事内容・年間スケジュールなど大規模な改革がもたらされた数年を経て、新たな飛躍に向けたスタートラインに立ったような気持ちになれた総会でした。

ご参席いただきました会員様からも具体的かつ建設的アドバイスを頂戴できたのも初めての経験であり、三木会などの日々の活動が実を結び運営サイドと会員の皆様の関係がより密接になっていることが感じられました。「勉強会はたくさんあるがどれもすべて受け身。機構の三木会は参加型…」という会員様のお言葉にとても嬉しく思う事務局でした。

住宅弱者とストック不動産(空家)を定期借家制度とサブリースを利用してマッチングさせる新しい試みの検討など、これまでに培ったものを昇華させるチャレンジの発表もあり、会員の皆様、アドバイザー資格者の方々に、これからをより期待いただける機構へと向かっていきたいと思います。

1 / 381234...101520...最後 »