カテゴリー別アーカイブ: 研修会

令和最初の研修会は空き家ビジネスの最前線から

令和最初の研修会でした。

ご登壇いただきましたのは空き家活用株式会社の和田貴充代表取締役CEO。

IMG_E5196

日本に800万戸以上ある空き家の実態を解析。空き家の約7割が売買や賃貸の市場に出ておらず、またそうなっている大半の理由が「所有者は今のところ別段困っていないから。」なのだそうだ。

「市場に出ていない空き家情報こそチャンスが大きい。」

具体的な実例を挙げての解説には聴講された方々も興味津津といったところ。

IMG_5202

2時間に渡るお話を通して感じることができたのは真っ直ぐに且つ志高くお取組みであるということ。空き家所有される方の役に立ちながらビジネスの主導権をまったく嫌味なく握られるのはテクニックではなく自然なことなのだと思えました。

これからも目が離せません。

平成30年度第2回研修会

28日は平成30年度第2回研修会でした。

50673191_2343320059035748_6813532085400109056_n

51064506_2343320042369083_797002379445665792_n

1月の研修会と言えば恒例の税制改正をテーマにしたセミナーです。

今年も当機構特別顧問のお二人、税理士の今仲清先生と同じく税理士の坪多晶子先生によるご講話でした。

テーマは平成31年度の税制改正。10月には消費税が8%から10%となる年です。そこに起因さして発生する不動産に関係する改正なども大小さまざまにあるようです。

詳しくすべてを完璧に把握する必要はない(できない…)としても、取引やアドバイスといったビジネスの現場では、「あ!このケースは注意すべきことがあったはずだった…」と思えることが大切です。今仲先生と坪多先生のこのステージはその「あ!」につながる素晴らしいご講話かと思います。

掛け合い(?)形式で進むお話は聴いていてまるで息の合った夫婦漫才のごとし…真剣なお話の中にも笑いが起こり時間の立つのを忘れてしまうようなセミナーでした。

平成30年度第1回研修会

本日は平成30年度第1回研修会でした。

ご登壇をお願いしましたのは玉井FP行政書士事務所代表の玉井健裕先生。

IMG_7154

テーマは「ノンフィクション 不動産事業における具体的高齢化事案とその解決法」

これまでの売買や賃貸借といった不動産の現場で、高齢者が関わっての課題の解決には、「急ぐ」「簡略化」「業者の収益性」「一方だけに都合のいい保全」という理由によって当事者のうちのだれがが不納得な結果で終わっているケースが多くなってはいないでしょうか?

そんな自問を抱くようなとても心を動かされるご講話でした。

不動産事業に高齢者が多く関わる時代。今一度業界は報酬を得られる業務の最終達成ラインについて見直すべきなのかもしれないと考えさせられました。

激しく雨が降るあいにくの天候でしたが、聴講者からは「クライアントのためにもう一歩踏み込めた事案があったのではと自戒した。」「セオリーや法に依存して、課題の本質が見えていないことは確かに多い。」との声が。

また、事前にトラブルを回避し未来をコントロールする知識とその利用が示された会でもあったように思います。

玉井先生、素晴らしいご講話を、ありがとうございました。

1 / 101234...10...最後 »