作成者別アーカイブ: 事務局 太郎

秋の定期借家研究会に向けて

7月20日の三木会は新しい企画へ向けた第一歩でした。

9月10月11月と3回連続で予定の「(仮称)定期借家研究会」をどのような進行とするかの企画会議及び意見交換会でした。

そもそもこの定期借家についての研究会は、とても有効な制度であるのにも関わらず、理解促進や普及に今一つ拍車がかからず、間違った理解をされている方も多い制度かと思われます。機構では定借アドバイザー資格認定講座で毎回塩見理事長が丁寧にわかり易く解説、正しい理解と利用の促進に努められていますが、改めてケーススタディや様々な事業への展開を模索しながら実践に活かしていこうという主旨の会です。

会には志の高い方にお集まりいただきました。これまでに利用してきた定期借家制度についての経験やこんな事業に活用したいという意見。また、普及のための障壁や有効な情報発信の方法などについて非常に中身の濃い1時間半になったと思います。

「普及活動にはビジネスと社会貢献の両方に意識を持たなければならない。」「有効活用事例を集めよう。」「行政やその他団体など普及に相互協力できるパートナーシップも構築を模索してみる必要がある。」など非常に前向きな意見が多くありました。

事務局では9月からスタートする研究会に向けて準備を進めるとともに、事例紹介や普及促進に有効な情報を募集いたしております。皆様何卒よろしくお願い申し上げます。

定借アドバイザー資格認定講座

6月15日は年に一度の定借アドバイザー資格認定講座でした。
今年もたくさんの受講を賜り、さらにはすでにアドバイザー資格をお持ちの方々も「もう一度受講したい」というご要望もあり、たいへんに盛況な開催となりました。

人気の講師陣は弁護士の宮崎裕二先生、不動産鑑定士・不動産カウンセラー・公認不動産コンサルティングマスターで当機構理事長の塩見宙先生、そして税理士の今仲清先生でした。

受講者の皆様からは「定期借地権が生まれた背景から、有効性、取り扱う際の注意点までよく理解できる講座で、自分の引き出しがいくつも増えた気がします。」と好評もいただけました。

IMG_1032

IMG_1038

IMG_1086IMG_1069

三木会

5月三木会はR・F・P代表の長谷直也様にご講話いただきました。
テーマは「B級土地の有効活用法」

IMG_0382

ライゼボックスをはじめレンタル収納スペース業界の現状と、土地活用術としてどう活かしていくのかをご教授いただきました。

驚異の稼働率ですね。参加者からは驚きの声も上がっていました。

これから不動産業はますますスペースデザイン力が問われる時代だと痛感できる刺激に満ちた時間でした。

長谷社長、ありがとうございました!

1 / 212