Author Archives: 事務局 太郎

辛抱の春です

巷は花咲き誇る春でございますが、新型コロナウイルス感染拡大の報は止むことなく、益々長期に深刻さを増すばかりでございます。

さて3月の三木会を中止させていただき4月以降の三木会及び研修会企画に注力していたわけですが、事態はより深刻なものとなり、4月の三木会及び5月に予定しておりました令和2年度第1回研修会は安全を第一として中止させていただくことになりました。

何卒ご理解ご協力の程よろしくお願いを申し上げます。

2月度三木会でした。

今日は2月度三木会でした。

テーマは4月からの改正民法施行。
不動産の賃貸借契約などにおいてどのような影響があるのかを要注意事項を確認していきました。

関心が高いのか17名の方にご参加いただき盛況な勉強会となりました。

「ためになりました!参加できて良かったです。またできる限り参加します。」とおっしゃっていただいた初参加の方もいてすこし時間をかけてでも準備した甲斐がありました。ありがとうございます。

さて、来月からももっと実践的でもっとヤル気のスイッチを入れてくれるようなテーマに取り組んでまいりたいと思います。

平成30年度第2回研修会

28日は平成30年度第2回研修会でした。

50673191_2343320059035748_6813532085400109056_n

51064506_2343320042369083_797002379445665792_n

1月の研修会と言えば恒例の税制改正をテーマにしたセミナーです。

今年も当機構特別顧問のお二人、税理士の今仲清先生と同じく税理士の坪多晶子先生によるご講話でした。

テーマは平成31年度の税制改正。10月には消費税が8%から10%となる年です。そこに起因さして発生する不動産に関係する改正なども大小さまざまにあるようです。

詳しくすべてを完璧に把握する必要はない(できない…)としても、取引やアドバイスといったビジネスの現場では、「あ!このケースは注意すべきことがあったはずだった…」と思えることが大切です。今仲先生と坪多先生のこのステージはその「あ!」につながる素晴らしいご講話かと思います。

掛け合い(?)形式で進むお話は聴いていてまるで息の合った夫婦漫才のごとし…真剣なお話の中にも笑いが起こり時間の立つのを忘れてしまうようなセミナーでした。