作成者別アーカイブ: 定借 花子

YOLO BASE 視察勉強会

こんにちわ、花子です。

74403645_2815172525183830_3283002894311227392_n

73054271_2815173545183728_2102846082957443072_n

72684684_2815173105183772_3470657724939763712_n

72955528_2815172545183828_6203386213831802880_n

73150394_2815172731850476_4594732438185312256_n

75371649_2815173205183762_5172946314534584320_n

74430808_2815172988517117_8292326266426621952_n

73319305_2815173181850431_1210485271942922240_n

74604704_2815173038517112_7090858566084460544_n

75233589_2815173338517082_6226323898992951296_n

72982482_2815173468517069_2070442057947676672_n

75349181_2815172608517155_6658444926625251328_n

72985951_2815173495183733_5775527374305099776_n今日は月に一度の勉強会ですが三木会ならぬ四金会になりました。先日の研修会で講演いただいた空家活用株式会社の和田社長にご紹介を賜り、今話題の施設YORO BASEを特別に内覧させていただきました。

日本で就労される外国人の方々がここをベースキャンプにして様々にアタック、チャレンジされる…。人をこの場所に惹きつけるファクターは”アート”。YORO JAPAN加地社長の高い志と大胆なれど緻密な事業計画に参加者はワクワクがとまりません。

想像以上のポテンシャルを感じて参加者のみなさんは「来てよかった!」「ワクワクするね。」「まだまだ可能性を感じる。」と大絶賛。

まだまだ何処まで成長するかわからないですが、すごいスピードで変化する日本の社会を予想して先駆するとはこういうことだと実感をもって教えられた気がしたのでございます。

加地社長、和田社長、貴重なお時間と素晴らしいお話をありがとうございました。

お外で三木会

昨日の三木会は外に出て春を感じながらの勉強会でした。
暑いくらいのいいお天気でした!

株式会社アグリメディアさんのご協力により話題の「シェア畑」の視察です。

手ぶらで行って楽しめる菜園。道具も肥料も苗も現地に用意されています。持って行くのは長靴くらいでOKです。もちろんスタッフが一から菜園指導してくれますので知識がなくても大丈夫。

都市部で農はレジャーとしての需要があるということを見せていただけた気がしました。

「貸し菜園としてはすこし高いが、休日にショッピングモールに行って要るか要らないかもわからないものを買って時間を過ごしているよりはここで陽を浴びながらお弁当食べて土いじりしてる家族の方が健やかに感じてしまう。」「初期費用に大金はたいて始める土地活用ではなく安心。」という感想をみなさんもたれていたようです。

これある意味すごく上質な時間を得られる施設です。流行るんじゃないでしょうか。

ご案内いただきました芹田さん、たいへんたくさんの気づきを得られました。ありがとうございました。

57104196_2466751640025922_5184129056458670080_n

57154819_2466751646692588_6659405586255314944_n

57176858_2466751813359238_5399188114897895424_n

57258151_2466751723359247_6558024858918191104_n

57348178_2466751750025911_4673234944183500800_n

57548385_2466751700025916_4767336393443639296_n

57936162_2466751786692574_4399781699366420480_n

「農」で土地活用!?三木会でした。

2019年1月三木会本日は2019年最初の第3木曜日ということで「三木会」でした。

今回は注目の企業、株式会社アグリメディアより芹田様をゲストにお招きし、話題のプロジェクト「シェア畑 」についてご紹介いただきました。

2022年問題に限らず生産緑地をはじめとして都市部の農に関わる課題は先送りにされたまま。

農地に関わる複雑な関係法令やその改正に精通し的確にその土地と土地所有者の要望に応えられる引き出しを持たれていることに参加者のみなさんは興味津々。

「きっとこの事業は今後普及してスタンダードになる可能性まで感じられる。」「単純な土地活用というだけでなく、社会的に大きく貢献することができる可能性がある。」「クリアしていくべき課題も明確なのが良い。」と言った声が聞こえた。

なんだかどんどん未来にむかっての広がりが見えるような素晴らしい会となりました。
芹田様、ありがとうございました。

1 / 131234...10...最後 »