Category Archives: レポート

今年最初の三木会

リモート三木会でした。

今日のテーマは「グリーン住宅ポイントの基本を知っておこう」でした。

難解な制度概要ですが葉や枝を見る前にまず森を見るべき典型ではないかと思われました。1,000億円以上の予算がつけられるもので、住宅産業に携わる者ならば住宅取得者にきちんと紹介していきたい制度です。

「弱者支援策でないのか…。」「うーん、去年あった制度とあまり変わ…。」「お客さんに伝えそこねると叱られそうな制度が次から次へと…。」「1度聞いても覚えられないけど、実際の現場で『そう言えばなんか利用できる制度あったな…。』となれることが重要。こういうのは理解できずとも参加することに意味あり。」

いろんな感想をいただきました。まだまだ認知は低いようです。

勉強会のあとの座談会もいつもの通りのぶっちゃけ過ぎる時事放談になりました。今年最初の三木会でしたが、またこれからが楽しみな恒例会となっていきそうな予感でした。

「早くコロナ収束をみて皆で集まりたいねー」という参加者からのお言葉にジーンとさせられたのであります。必ずや集まりましょう。

今年最後の三木会。参加者の多くが応援したいと感じました。

今年最後のリモート三木会でした。

ゲストにホクトシステム株式会社大阪支社の皆様をお招きし、店舗物件と出店希望者様のマッチングサービスについてお話をうかがいました。

シンプルで誰にもわかりやすく、双方にメリット。参加者からも「知れて良かった。」「スタンダードになっておかしくないシステム」「業界が正常化するようなサービス」と好評価。

盛り上げていくには良識ある業界各社の協力が必要でしょうが、機構としてはぜひ応援したく感じました。

ホクトシステムの皆さまありがとうございました。長く良いお付き合いをよろしくお願いいたします。

三木会でした

昨日は変則日程、第四木曜日に開催の三木会でした。もちろん今月もリモートでの会合です。春から夏までに機構に寄せられた質問や相談についての紹介と解説でした。

コロナ禍における不動産賃貸借に関する、特に賃借人からコロナ禍によって経済事情が悪くなって賃料が支払えない問題に対してどう構えるのかという内容がほとんどでしたので、そこについての解説が中心となりました。

コロナ禍における先読みやビジネスの変革、救済制度の利用などは否応なしに関心を持たなくてはならないテーマになっている気がしました。

初参加の方も多くこれからも続けていくに励みになるコメントをたくさん頂戴できました。次回もご期待ください。

彼岸も過ぎてすっかり秋、ある会員さまの「リモートもいいけど、皆さんにお会いして話したいなぁ。」が滲みました。